源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

今戻さないと

連休のお知らせ 誠に勝手ながら、4/29(木)~5/7(金)まで、連休とさせて頂きます。期間中は、サイトのコンテンツが更新されませんが、市場の急変、または、源太が時間のある場合、コンテンツを臨時更新する場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

今戻さないと

【2月25日配信】企業大研究会セミナー
「新たなテーマに対応すべき、新しい局面」
募集締切り:2021年2月21日(日)
http://bit.ly/3p7pA5A
下がったようで日経平均は行き過ぎたところまでで、来週からはそこがどうなるのかの解釈。基本的にはそこから指数は揉み合いであって、一回個別株が上がる必要があります。それは、そもそも上がっていたのかどうかであるし、月の20日越えたから継続的に売られていた株式が月替わりまで売り圧力が無く、その時間に反発とまでは言いませんが、抵抗力があるぐらいは大丈夫かと。

そこで「それが上がる必要がある」というのは、個人投資家や運用系の人のモチベーション見てみたいからなんです。一回上がるとやる気が感じられるのですが、何もないというk所とになったら、外人に好きにやられてそのままになって行くという、悲しい結末になるからです。

需給が少し楽になると買いが入るという風になったらいいんですが、下からというのは難しいんでしょうが、せめて「動きかけていた」株式ぐらいは、上値期待が欲しいと思うんですよ。なんかソ連の無いということになったら、三月や五月の調整は指数以上に個別がきつくなると思うんですよ。

2335 キューブシステム 6727 ワコム 5602 栗本鉄鋼

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。