源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

探る日

探る日

米国金利状況で1.5%前後で株式市場が驚いているが、オーバーシュートは認めても茣蓙の範囲内であるし、キャピタルゲイン型債券ファンドの解約という需給に、目標としていた1.5%を簡単に抜いたために、驚いた金融関係者というところであろう。1.5%前後ならば大きな影響はないと思う。ただ、今晩の米国のISMの数値がどう判断されるのかが不透明だけに、今日の市場という考え方は難しい。

日経新聞の27日夕刊で「悪い金利上昇」と書いていたが、悪い金利上昇は不景気で資金が欲しい余りに需要が起こる事を指し、今回の場合は好景気から資金需要が始まる解説であるから「良い金利の上昇」に値すると思う。こうした解釈が非常に微妙で、情報操作が加わっている気がする。いや、米国でそういう状況になって来たというのは、かの国も先のロビンフッターがゲーム会社を買い上がるなども情報であったし、少し動き方が変わった気がする。

いずれにしても資金が少ない時間と米国では納税換金が多いし、国内は企業が資金調達のための換金売りが大量に出ている。そこにISMなどの数字や雇用統計使った外資のETFを利用した「売り需要」操作なども行うだろう。少し本格的に上がるには時間がかかると見るが、今週をうまく乗り切ったら、買戻しからくる2月の再来もここで大きく押したことから、可能になったとも思う。

まあ、今日は突っ込み買った物を売りながら、市場動向を探る日だと思う。

6776 天昇電気 3967 エルテス 2178 トライステージ

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。