源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

新しいラウンドへ

連休のお知らせ 誠に勝手ながら、4/29(木)~5/7(金)まで、連休とさせて頂きます。期間中は、サイトのコンテンツが更新されませんが、市場の急変、または、源太が時間のある場合、コンテンツを臨時更新する場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
New ! 4月の源太塾セミナーは、4/21(水)公開予定です。

新しいラウンドへ

昨日の朝書いていた、「一安心ではあるけれども」というのが、まともにはまってしまった昨日の市場。NY見てもNYダウは上がっても、ナスダックの調整色は非常に強く、どうやら週末に書いた「新しい局面」に向かったという気がします。特に気になるのはGSの売りであって、一目、好景気に向かうからか金利上昇になってしまうという考えのようで、止まったしまうITなどの若い企業は、本当は米国のバイデンさんの閣僚に、ITやネット企業に対して、厳しい人が抜擢された事などがあるでしょう。

いずれにしても、2.0%前は許容範囲の金利のはずが、そうしたか圧迫もあるから、ナスダックに対してけん引していた企業が、投資対象から外れて利回りの高い企業や消費敏感株へ回って行ってしまうのは仕方が無いでしょう。日経平均もGSのように売るのはどうかと思いますが、けん引したソフトバンクは投資先がナスダックだから重くなるでしょうし、ファーストリテーリングもこの次の展開まで様子見となってしまうんでしょう。とにかく寄与度の高いところは嫌われるとなると、日経平均は上値が重くなるという見方い変化はなく、苦しい展開になって行くと思われます。

という、考え方が正しいのか、SQに向かってロールオーバーを買い方ではなく、売り方が目指しているとしたら、こうした考えは「建前」となるのでして、反発がここまで難しいという風になるならば、日柄が少しいると思います。とにかく覇気がない投資家が多くなったのは確かなんです。

3927 フーバー 6727 ワコム 9101 郵船

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。