源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

丁度良いが無い市場

連休のお知らせ 誠に勝手ながら、4/29(木)~5/7(金)まで、連休とさせて頂きます。期間中は、サイトのコンテンツが更新されませんが、市場の急変、または、源太が時間のある場合、コンテンツを臨時更新する場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
New ! 4月の源太塾セミナーは、4/21(水)公開予定です。

丁度良いが無い市場

「源太」に初心者の人向けに、始まった基礎講座
源太カレンダーの具体的な使い方と基礎
4月開催の動画講座
4/1から4/30までの短期講座
申し込みは:4月10日まで
http://bit.ly/point2021-4

難しい展開ですが、日銀は「売る」と言っていないのだから本質的には関係ないし、景気
が良いという金利上昇は「当然だろう」の変わりに、景気が良くなるから設備投資関連で
今まで上がっていないものならば、上がってきそうですよね。そもそも、日経平均が上が
ったのに個別銘柄が下がり過ぎていたからちょうど良いでしょう。だから売って来るなら
ば買っちまえば良いと思います。各企業の設備投資が今年から強くなってきていますし、
米国英国中心にワクチン進捗が高い国は患者数は大きく減ってきました。

こうした経済の期待が一つは金利という言葉で現れ、一つは設備投資だったり。だった
ら、低金利で買われ過ぎたものは見直しますが、これからも期待できる株式や割安株、景
気敏感株ならば、何の問題もないと自分は感じます。そういう考えでうまく行かないのが
日銀問題。ふんだんに持っている外資の資金で、叩けば叩くほど日経平均寄与度の高い株
式は、ETFの調節売りが出るから、外資にとってはやりがいがあるのでしょう。

まあ、何処で日銀が出て来るのかとか、TOPIX型を買えば何処で日経平均が止まるのかな
ど、日経新聞の手助けのもと市場の出方伺っている外資だと思うんですよね。ここを日本
株が個別から乗り切ったら指数も大丈夫と思うんです。しかし、上がったり下がったり、
丁度良いが無い市場です。

7267 本田技研 7701 島津 7717 Vテクノロジー

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。