源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

急落

急落

募集スタート!
源太カレンダー投資法”実践版”講座(2021年後期)
https://gentajuku.co.jp/xhhg
募集締切:2021年7月5日(月)
特典付き早期締切:2021年6月24日(木)

大岩川源太の特別セミナー
2021年後半「運用者的着眼」with 投資のヒント銘柄レポート
https://gentajuku.co.jp/48br
募集締切:2021年7月5日(月)

週末のNYが急落して東京市場は身構えての参加者が多いと思います。ただ、自分が経験し
たバーナンキさんの時のテーパリングとは少し違う気がして仕方が無く、あの時はNYも短
時間で回復して上がって行きました。日本株がその時きつかったのは、株価が急騰して来
ていたというのも、今回は差が有ると思います。当時は期待から割高株が多く、少し過剰
な商いが多かったと思います。その時にポイントの日と合致した警戒から急落になりまし
た。

ただ、今回複雑なのは、そもそも景気頭打ちの指標が米国で数多く出て来ていましたし、
日本の方も政局含めて不安定感が有りました。原材料値上がりも企業が低めの今期数字目
標で、コンセンサスが高くて不安な状況でした。尚且つ、アフターコロナ株など買い過ぎ
が目立ち、市場は乱舞な売買で進んでいた。

そうした時に、売り方の唱える「景気の頭打ち」に対して、金利上昇からくる「景気の伸
び悩み」が現れることになるのだから、前者は失速を念頭とし、後者は市場に折り込みを
狙う調整になります。恐らく後者を狙ったFRBでしょうが、売り方が騒いで利益確定でき
るものは売っておこうとした流れを、マスコミにつくらされた印象がある。

まあ、前者か後者か見極めるまでは無理もしないで、折角枠は開けて来ていたんだから、
その見極めをつけてから動こうかと思います。ただ、必要なものは変わらないし、伸びる
ものも変わらない。投げたり買ったりするまでに、そういう物が有るか、それを買う資金
はあるかというチェックで、その為の投げならば仕方が無いと思います。

7276 小糸 3040 ソリトン 6165 パンチ工業

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。