源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

ポイントの日

ポイントの日

多くのアナリストが予想しているのは20000円近辺で止まる下値。PBRから考えてその辺りという考えはごもっとも。5月の日柄からジャクソンホール辺りの反転を考える人が多いですね。もっともらしく感じますが、日柄で計算してるだけなんでしょう。ただ、自分は今回はあくまでも早くから警戒していた様に、FOMC金利低下が出尽くしになっていたところと、ストキャなどのテクニカル数字も高かったです。

そこにパウエル氏の不味さに、殿の御乱心が重なって深押ししたという見方で、この下落状況でも決算に対する反応は、悪い数字でもコンセンサス以上ならば反発して来ています。そして、NECが週末の下落でも好決算を背景に上昇しています。こういう市場では、それでも主力が「下がる」から、暴落が有るのでして、少しいつもとは違う気がします。

そもそも今回はNEC軸に富士通なども視野と話していた様に、「未来に対して必要な技術」「永久に突き詰めたい技術」という発想が外資系での鍵であり、結果的に現在はバリューみたいな位置ですが、基本が低金利のグロース投資で、夏で運用者不在という状況に、個人投資家が弱気に転じているから、個別が静まらないのだと見ています。

という事は、今回の材料は一度経験しているから、意外に、以前から話していたポイントの日の5日に当たる今日辺りで上手く行きそうな気がします。もちろん、このトランプさんは読めないのですから予断は許せないですが、日米交渉の頂点が見えたり、課税すると言って「良い話期待している」という、緩急付けた得意の交渉携帯というのも、5月に経験したから読める気がします。

2130 メンバーズ 9742 アイネス 1973 NECネッツアイ

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。
源太塾セミナースケジュール 2020年6月

準備中