源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

象徴

7月の源太塾セミナーは、7月15日(水)夕方、収録配信予定です。

象徴

製本販売はここだけ。
源太カレンダーは12月20日までに申し込まれたら、
ラインにて、1月の投資カレンダー的攻め方の解説を無料で
動画をお送りします。https://genta-calendar.site/

ここで上手く切り上がれば次の下落が調整になるのですが、米国景気に良さが数字に表れても先取りからか伸びとしては不満。日本株は疑心暗鬼が入っていますから、伸び悩んだ分だけ伸びしろが有るという、面白い構図になっています。

運用の立場や個人投資家の気持ちとしたら、連騰して来ているNYが「どこかで押す」と思いながら市場を見ています。だから、考え方は指数なのに買うのは材料株という正しいようで正しくない解釈。問題は象徴的な物へという買い方が、この場面ではできてなく、やっと昨日KUDANが日の目を浴びたように、本当に買い場から少し経った時間帯から物が狙いになっています。

だから自分がどういう風にするのかはここの自由ですが、あえて象徴的な株式に行く人も多く、ソニーやトヨタに向かう事も今日は考えられます。前提の買いという奴。でも自分は時間懸ってもここは対角を見るタイプで、需給によって下がった株が適当な投資と考えています。

4565 そーせい 4004 昭和電工 9765 オオバ

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。