源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

難儀な相場

難儀な相場

源太カレンダーは12月20日までに申し込まれたら、
ラインにて、1月の投資カレンダー的攻め方の解説を無料で
動画をお送りします。https://genta-calendar.site/

いつもの年末相場と言えばそうなんですが、この相場は非常に嫌な感じです。指数は週初書いたように高値も帯ですが、個別株厄介で、個人が指数をあてにして行名から。換金に急ぐ運用者の動きに便乗した空売りに拍車がかかります。これをなん絵と言われても我々では解決ができない事で、新規の参入者がいない、金魚鉢相場だと思います。

金魚鉢とは昔から証券で言われる、新規参入者や新しい資金が無い中で、一部買うために他を売る行為を言うので有って、そうした見方はこの市場ではサンバイオショックでマザーズを売りながら、指数を買う様な同じ資金御入れ替えを指します。だから、同じ理想でも高いPERを売って割安系の銘柄買う、バリュー投資の雰囲気に仕手性を備えた感じじゃないかと思うんです。

そうした考えは本当の強気じゃなく、株式を弱気で書いて来たマスコミの弊害でもあるし、新しい投資家が入れなくしている弱気姿勢にあります。そこが上手くクリアされたら良いと思うのですが、いきなりは変わらないでそうね。厄介な説明し難い市場です。

6629 テクノホライゾン 7928 旭化学 2158 FRONTEO

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。
源太塾セミナースケジュール 2020年3月

準備中