源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年初から波乱ですが、イラン問題は報復がどういう形になるのかが非常に難しく、いつもの「遠くの砲声は買い」というスタンスが取れるかどうかは、判り難いと思います。ゲリラや反政府勢力を攻撃するのとは違いますからね。ただ、この事で円安というのは、理屈はあっても実際の経済からイマイチ理解し難い人も多いはず。

ただ、この円高は日本企業の収益を想定していたアナリストにとっては堪える事で、年末に多くの人の書き物では円安想定が多く、第三四半期の数字も109円が計算上の数字で、それ以上の円安も加味した企業収益まで買い進んでいました。ですから、この誤算は修正されて、経済数字の再計算という形になります。

米国ISM製造業の数字がコンセンサス以下でもそれはクリスマス休暇もあるし、調印前だから今後の改善は発想として可能であるし、米国価格指数の上昇はそれを物語っていると思います。ですから、この市場はイレギュラーな事はあっても、「経済」「新技術」という視点で見て行く事ですし、そうなるとまずは新技術からが今年の攻めた方になります。

不景気と違って企業数字はどこかが良くなるんで、この低金利だと金融系企業は運用せざるを得ないですからね。

9424 日本通信 4662 フォーカス 2134 燦キャピタル

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。
源太塾セミナースケジュール 2020年6月

準備中