源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

断捨離

断捨離

「カレンダー解説動画」https://bit.ly/2S53JyT
☆限定企画☆
三ケ月一度に申し込まれたら、ポイントの日を割り出す
「源太式バイオリズム」の基本形を動画公開。
「指数・個別株、何にでも応用!バイオリズムの基礎!」
お申込み開始は5月20日からです。

『ただしい株の基礎』講座生徒募集中。
 https://bit.ly/3b4WrC5
ここで抜ける事が出来るのか、まだまだ、決算と株価の比較に徹するのかと思うのですが、ここはコロナによるイレギュラーな問題なのか、経済的に危機に陥っているのかというポイントなのかという感じ。この判断は新型コロナの終結が鍵だから、弱気の人は第二波の広がりが問題であるというし、強気は80年型のイレギュラー型の反発という考え方で行くんでしょう。

バフェット氏などは第二波もあって、本質的な資産の目減りが気になっていますし、金融業が貸し倒れから来る被害も気になるんでしょう。そこは判断の差だから仕方が無いのですが、第二波の広がりは日本の様な国ならば、なんだかんだ言っても「守る」人の割合は高いですが、米国や南欧はとにかく自由な国だけに何とも言えないと思うんです。ここがトランプさんたちの早い正常化に対して「第二波」という発想が出て来ます。

ここらが日本人は我が国の感覚で計ってしまうというところが有るんです。が、時間が懸れば経済はV字は不可能、早いと新たな蔓延という感覚になったら、弱気の方が確率は高いという事なんでしょう。それが今の市場の売り買いの配分であり、そこの資産目減りを嫌うから、ハイテク株オンリーの市場になっているんです。各者、その中で出来る範囲に絞ってやっていますよね。判り難いから売るのは一番弱いところ、強気は一番今後発展しそうなAIはじめとしたハイテク。

今はそういう相場なんです。自分も絞り込んでいきます。断捨離相場ですね。

1813 不動テトラ 6597 HPC 4490 ビザスク

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。
源太塾セミナースケジュール 2020年6月

準備中