源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

落ち直せるか?

落ち直せるか?

☆受付始まりました!
『企業大研究会』動画セミナー/7月21日(火)配信
https://bit.ly/2ConE61
お申込み期限 7月17日(金)21時

☆源太塾セミナー募集開始!
この難解な流れで運用はどうする!
https://genta.club/?p=3125

☆『7月号』公開スタート
6月後半~7月のカレンダー解説動画
https://bit.ly/2S53JyT

上がれば安堵しても買いたくなる銘柄が減ってきている感じで、見逃していると上がって行くという市場。市場は資金力多い金融市場になると元々割高か、魅力がないバリューが多く、信用しなくなったら一気に下に落ちます。こうした時にNYが高いからと言って買うのは、限られてしまい、結局は指数を買う方が効率が良くなるような気がします。ですが、週末の段階で個別は安いと思い反発すると思っても、先物は一回撤退してしまうのは仕方が無いです。

理屈上、どうしても今後は統計的に下落の可能性が高いから、思惑が変わってしまったら投げに転じるのは仕方が無いと思います。ですから、こうした感覚は非常に重要で、それが失敗であってもそれは仕方が無いと思います。ですが、そこで諦めずに果敢に攻める事が大事なのは、需給的な裏付けが運用上ドンドン確認されてきて、上がらないと思う株式が意外に簡単に戻ったりするからです。

3月の時はここから下がって行ったんですが、今は戻って来ます。だから、ゆっくりとした流れから貯め込む投資と鍵になる株式を果敢に攻めないと、乗れなくなってしまいます。上値限定的な市場だから逆張りをしないと上手く行かないのですが、意外に行くには強い方が良かったりしますからね。だから、二刀流という考え方になります。

まあ、自分はこの地合いは普通の株式を買いながら、大きな下げをする株を買います。得てして、下がる奴がずるずるに感じながら、一巡したら急に上がって来ます。これが金融相場ではよくあるんですよね。諦めたら上がるというのが。今週はそういう相場ならばよかったと思う事です。

6597 HPC 4490 ビザスク 6625 JALCO

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。