源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

企業大研究会の申し込みは今日まで

企業大研究会の申し込みは今日まで

8月9月は連動相場。だから、企業大研究会は二か月一緒の募集。
今回は日程も大事になるから、源太カレンダー解説も付けます。
8月と9月「企業大研究会」動画セミナー
https://bit.ly/3l1A0TB
お申し込み期限:8月26日(水)21時まで

カレンダーだけ申し込む方はこちら。
源太カレンダー攻略テキスト「2020年9月号」
https://bit.ly/2S53JyT

この市場が難しいのは実際に経済が悪いのに、株は動くが思ったものではないIPOのようなタイプが極端に買われてしまう事。運用目線は時間軸をずらした考え方だから、グロース目線。そうした発想が途中で進捗率を考え、経済の状況を見ながら確認するから、個人投資家は勢いがあるのか無いのか見極められないんですよ。

そうした状況ですから、解説者は日経平均で論じていくので「バリュー」なんて言ったり、個別株論者は「これが上がっています」という風な解説しかないんです。しかし、このバリューだって先は良くなる、回復を買うんですから「グロース」思考になっているのに胃がtかなきゃならないし、それを売ったままの繋いだ売買は買戻しとも取れます。

要するに、皆が思ったようになっていない不快指数の高い市場は、結局は上がると思うのですが、制度の変化やその進捗、ついて行けない発想から来る、イライラがこの閑散を作ったという事でしょう。回転できない、売ったら上がる、買えない位置がフラストレーションを貯めていくのです。

6758 ソニー 6862 ミナト 4687 TDCソフト

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。