源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

鬼滅の刃

鬼滅の刃

講義
「告知」
今年から「源太カレンダー」の申込方法が変わります。
弊社からはダウンロード版と製本版の2種類。
製本にしてみました。製本版はミニと普通の2冊。
ただ、
一人だから限度があるので完全予約制で行います。

「2021源太カレンダー」のご案内
https://bit.ly/3483j0k
冊子版は10月26日(月)より先行予約スタート

NYの大幅安は余計ですが、感覚として今日の指数は安いだろうなと皆が思っていたと思います。仕方が無いですよね。あれだけ先週末に重かったんだから、売って返しもあるし、昨日の引け前見ても売り圧力は上の板の厚さからみんなが判ってたと思います、問題は今日の市場で、それでもかの動きがあるかどうか。昨日の夕方書いた通りでしょう。

この市場は指数は上がり難いし、むしろ、大統領選に向かっては下がると思っています。仮に高いならば全部売ってしまおうと思います。しかし、自分が気になるのは生き様というか、この市場に足りなかった「物色先」がサプライヤーだけでは無い恒常的な物が出現するのかなんです。

自分は週初のレポート「即効投資戦略」に書いたように、米国とは違う日本株の動きを考えていますし、ここまで注意したんだから枠も空いています。ですが、景気がどのくらいの速度で回復するかは新型コロナ感染者の数が多く関係すると見ています。だから、第一波のピークからの下限に比べて、どうしても第二波が下がらないことと、季節的な危惧がどうしても気になります。

この市場はそうした速度が判らない限り、大統領選挙が終わるまではサプライヤーにつくしかないという事です。鬼滅の刃が核じゃ話しにならないんですが、そうなってしまいそうですよね。

3834 朝日ネット 4434 サーバーワークス 7567 栄電子

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。