源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

買うネタが無い

買うネタが無い

製本版は10月26日(月)より先行予約スタート!
数は限定製本だから教材用であり限りあります。
早い目に予約してください。

「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/
お待たせしました!
11月の源太は強い!
源太カレンダー攻略テキスト「2020年11月号」
https://bit.ly/2S53JyT

強靭姿勢の大統領が不利になるという動きから、各国が今までやられてきたことへの反発を強め、サプライズで大統領が再任されても、その時期だというタイミングもあるし、自国の財政立て直しに向かいます。反撃というよりもそもそもがという言い方もあるし、経済圏が米国偏重ではなくなってきたことも意識されます。

だから、ここで新型コロナが増加し始めた実情は非常に難しいかじ取りになります。バイデン相場まで既に買ってしまった市場は、サプライヤーこそ上がりますが、それ以外は買う要因が無くなっていて、売らなくてもいいんですが、理想を買った市場は、決算などから確認と現実を確かめてから後という市場に米国はなってきます。

日本だって同じことが言えるのですが、気色悪さが見えるのはやけに強い事、この強さは尋常じゃないですが、下がらないだけで誰も上がるとは思わない現状があります。その簡単な見方が出来高や売買代金で、上げようとする雰囲気はあっても、最後のもう一歩は先日から話すように無く、そうした動き方は限界も考えて行くから、まずは換金というスタイルになります。

今日はそうした負の流れが蔓延して、下がっている株式が変えない流れになっているんですよね。ここは非常に良い企業でも買う人が将来を見て動かないから非常に薬価になっているのです。少し長く見る相場なんですが。

6855 日本電子材料 3186 ネクステージ 4845 スカラ

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。