源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

板についてきた

連休のお知らせ 誠に勝手ながら、4/29(木)~5/7(金)まで、連休とさせて頂きます。期間中は、サイトのコンテンツが更新されませんが、市場の急変、または、源太が時間のある場合、コンテンツを臨時更新する場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
New ! 4月の源太塾セミナーは、4/21(水)公開予定です。

板についてきた

☆源太カレンダーは製本版はお問い合わせに変わりました。
お問い合わせは下から。
https://genta-kai.com/fx/wFO30o

ダウンロード版の販売はそのまま。

「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/

カレンダー解説動画『12月号』
https://bit.ly/2S53JyT

月末の益出しにしたら下げがしつこいと思ったのですが、C・スイスが大きく先物を売り越し。ただ、NYにしても月末は益出しが多く、原初の発射台が低いことが多いのです。野村の売り手口も大きいから、こんなものだという感じがあります。しかし、それにしても個人投資家のマインドは回復しないですし、少し止まると売り圧力が相当なものになります。目先投資という視点は否定できないでしょうが、この低い位置の個別株を売るには、将来に対する回復期待が、欧米と相当な差があります。

もっと言えば、いらないものを買う習性があるし、12月独特の損出しが見えていますから、スリム化した投資が年末の特徴。まあ、自分もそうしているから文句は言えないのですが、それが性急というか、上手にとか思わないのかと思います。「さっき買ったんでしょ?」という感じ。

それだけ下がった時の記憶が強いのでしょうが、3月の下落や夏の調整とは違うから、少し個々は考えて動きたいですよね。米国ではアップルが伸びていましたが、半導体や電子部品は、一気に需要が伸びていますし、コロナ下での生活はスマート化などだいぶん板について来たと思います。

9478 SEホールディング 4434 サーバーワークス 6855 日本電子技術

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。