源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

もっと先

New !2021年最初の源太塾セミナーは、1月の20日(水)と21日(木)夕方 に各収録公開予定でございます。

もっと先

☆新企画
源太カレンダー投資法「実戦版」募集します。
ポイントの日前後の考え方と運用例とその意味を「ポイントの日」毎に配信
新プロジェクト、源太が伝えるカレンダー投資法”実践版
https://gentajuku.co.jp/jxwg

☆お問い合わせのメールの届かない方、音信不通の方が
いらっしゃいます。一度「迷惑メール」見ていただくか、
gentajuku.inc@gmail.com
こちらにメールください。

☆ダウンロード版の販売はそのまま。
「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/

強い指数と弱い個別は個人投資家が世間で言われるような「儲かった」という感覚が無く、なんか苦しいがどうにかなったような市場。頑張ってもう一丁という気力がないのかと思います。綱渡り相場は買い主体の存在が無いと難しく、買い主体は姿を見せたり、消したりですから、非常に難解な市場になっています。

なんとなく割安と思っても選ばれないと何故下がったのかも判り難く、聞かれても「なんででしょう」とこっちから聞きたくなるような流れで、特にマザーズ銘柄はなんで売られるか判らないようなところがあります。期日や年末処分でしょうが、好業績であってもなんとなくつらい流れは、ボディブローのように効きます。

こうした時に強い銘柄ばかリ列記して「弱くない」と言われても、上がるという事に関しては時間軸が長い説明されることがあります。この市場はたぶん長いタームならば損しにくいのですが、一か月が読み難い状況にあると思うんです。自分は下手だから「来年一年あれ」的に考えますが、それくらいの長さで見ないとこの市場は変なものに巻き込まれてしまう可能性があります。

週末ですから、朝は換金、後場からという雰囲気でしょうね。

4088 エア・ウォーター 4493 サイバーセキュリティ 3940 ノムラシステム

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。