源太LIVEラジオ

源太の実践投資戦略!ザラ場 LIVE放送中!!

総体的に上がるなら

総体的に上がるなら

☆新企画
源太カレンダー投資法「実戦版」募集します。
ポイントの日前後の考え方と運用例とその意味を「ポイントの日」毎に配信
新プロジェクト、源太が伝えるカレンダー投資法”実践版
https://gentajuku.co.jp/jxwg

☆「源太カレンダー」トレーダーズショップで販売されています。
https://www.tradersshop.com/bin/showprod?c=2011404700005

☆ダウンロード版の販売はそのまま。
「2021源太カレンダー」公式販売サイト
https://genta-calendar.site/

細かい売り買いでここを終えなきゃならないのかと思うのは、才能的に良い物でも「ここまで売る?」という動きを見ているから。売り損なったような錯覚を覚える株式に売りが出やすくなるのが年末。特に、証券関係者は年始からの暴落というのは余りないのに、経験則があるので直ぐにそういうシナリオを描きます。買ったタイミングは失敗としても先で上がる位置かどうか、業績はどうなのか、買われる技術や社会的な状況が味方しているか、などを見極めて判断しましょう。

ただ、怖いのは手持ちの上げは不十分なのに、今強いNYやTOPIXに少し警戒の感覚が出始めるまたは、買うとしたらそこからという風な状況になるので、端株または普通の株式が狙い難くなるんです。そうした難しさが年末のあわただしさから、投げが出て来てしまうんですが、米国のようにIPOが摩訶不思議な買われ難し始めたら、国民感情として、ここまで累積した新型コロナ患者の死に至った人の数は、第二時世界大戦クラスまで膨れ上がろうとしている状況で、国民感情が出て来ないでしょうかね。

納税その他あるから、米国は今後考える局面もあるんですが、それならば普通は日本株の納税調整ので下がってたもの買っても良い筈なんですよね。高い物は買い難いって話ならばわからないでもないです。だから、先の注意が今に回り過ぎて少しナーバスなのかと思います。その環境でも強い米国ですから、日本株のここで例年叩かれるタイプは買い向かいたいものです。

3940 ノムラシステムコーポ 8704 トレイダーズ 5658 日亜鋼業

※お支払いに関するお知らせ
現在、ございません。